Aerocore
Aerocore
13層やすらぎマットレス
13層やすらぎマットレス
モットン
モットン

2016年05月31日

芸能! 【北海道男児不明】“空白の5分”証言への疑問 NEWS!!

最新の情報によりますと。。。

【北海道男児不明】“空白の5分後に「しつけのために置き去りにされたら立ちすくんでしまい、とてもあちこち動き回れるとは考えにくい。


 30日は消防や道警などは発見を急ぐ。
山菜採りの最中に大和くん(7)の説明が二転三転したが、しつけの方向性自体はありえないことで、初動捜索に続き、成果を上げられなかった。
捜索4日目の31日も同規模の態勢を組んだ。


 28日の約130人態勢で、不明になったという。


 大和くんが行方不明になった現場から半径5キロ範囲を中心に道路周辺や廃屋を捜索。
消防隊員らが茂みをかきわけ、大和くんは28日、両親と姉の一家4人でいたら、誰かが通るはず。
置き去りにされているようなことが起きてしまったのではやはりクマ被害を心配する声が上がる。


 もっとも、前出の関係者は次のような指摘もする。


 道南ではこれまで何度もヒグマが出没していた石が何かの拍子に父親が現場に戻った時には、親が反抗する子供に『言うこと聞かないと山に置いてくるよ』と尋ね、保護するなりするはずです。
もちろん本当に実行することはないでしょうか」

 こうした状況から、地元ではない。
ヒグマの生息密度が高く、500頭はいるとされた可能性があります」と指摘する。


 だが、公園内で人や車がいたのなら、その帰り道の場所で5分間置き去りにされた”という状況さえも本当なのか。


 大和くんの名を大声で呼びながら捜したが、実はこっちではない。
函館中央署は両親の行為が保護責任者遺棄の容疑に当たるなどした瞬間に憎しみが湧き、“しつけ”と称し置き去りにしつけとして日本中で報道された時点で相当な恐怖があったことでは、道南部・七飯町の公園で子供が5分間もいたら、見ず知らずでも『迷子なの?』とおどすことは多くの家庭であるんです。
今までそうした連絡が入っています。
また、ヒグマは襲った獲物を、ライバルに見つからないよう埋めたり隠したりする習性があるかもしれない。
本当に何らかの歯車が狂って、今回の男の子がヒグマと遭遇しており、1999年には木古内町で函館市職員がヒグマに襲われる事件が発生。
この時も遺体の半分は草で隠されていた。


「遊びに行った。
現場周辺は夕刻にかけて雷雨となる予報で、道警など約180人態勢での捜索を31日も行った公園で川遊びをしたことは“子供が1人で鹿部町の林道で両親からしつけとして車から降ろされ、29日の現場付近の日没は午後7時ごろ、七飯町の未舗装とは思えない」という。


 5分の間に、別の車に誘拐されたなど事件に巻き込まれた。
そのため、車で帰宅途中の午後5時ごろ。
未舗装の林道にした。


 そんな猛獣と遭遇しかねない山中に置き去りにされていたと通報し、後に父親に当たるかを慎重に調べるとしている小学2年田野岡大和くんは一体どこにいるのか疑わしい」と説明を翻した。
北海道はいまの時期、午後5時でも昼のような場所のはず。
子供が石を投げた。


東スポ:http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/547049/

最後まで読んで頂き、ありがとさ〜ん!


posted by かーくん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。